鳩

主な対策方法

鳩の撃退方法としては主に2つあります。1つは針山を使ったものです。ベランダなど鳩がやってくるところに置いておきましょう。もう1つは磁石です。鳩は体内磁石が狂わないように磁場が発生するところを避ける傾向があります。

詳しく見る

虫

トコジラミ被害が増える

最近、害虫駆除業者へのトコジラミ駆除依頼が増えています。発生の原因は、殆どが海外からの持ち込みです。トコジラミは、気が付かないうちに増殖するので、個人での駆除は困難となります。被害に気付いたら速やかに業者に依頼することが大事です。薬剤散布が心配という人には、瞬間冷却剤を使った駆除法もあります。

詳しく見る

ねずみ

業者と協力

ネズミ退治をするためには、ネズミが嫌がる環境を作り出すことが大切で、その上で、専門業者の知識、行動力をいかして対処していくことで、一定の成果をあげることが可能になります。どちらの力も必要なため、それぞれができることで、しっかりと協力することが大切です。

詳しく見る

ネズミ

害虫駆除の業者選び

自分では、完全にねずみ駆除することが難しい場合は、プロに相談する方法もあります。その際に、費用は適正価格か、追加費用はかからないか、駆除の方法を詳しく説明してくれるか、駆除後の保証はあるかなど、しっかりチェックして、複数の業者に見積もりを出してもらうことがポイントです。

詳しく見る

殺虫剤

ゴキブリ発生を未然に防ぐ

ゴキブリの増加を未然に防ぐためにも自らゴキブリの特徴を少しでも知り、なるべくゴキブリ駆除のことを考えずに済むように常に先手を打つことが大切です。夏場以外の対策によってゴキブリは確実に減らせ、何よりゴキブリの住みにくい環境を作っていくことが大切です。

詳しく見る

シロアリとクロアリの違い

ハネアリ

見た目で判断する

羽アリを見つけて、家にシロアリが住みついているから早く何とかしたいとパニックのようになってしまう人がいますが、羽アリの全てがシロアリの訳ではありません。シロアリの羽アリはどんな特徴があって、どんな生態があるのかを理解しておき、落ち着いて対処するようにしてください。まず羽アリにはシロアリの他にクロアリもいます。白と黒の色の違いですぐに区別がつくのではないかと思う人もいますが、クロアリは確かに黒いのですが、黒いシロアリがいるので色だけでは区別することができません。シロアリもクロアリもどちらの羽アリも4枚の羽がありますが、シロアリは前後の羽の大きさが同じなのに対してクロアリは前の羽の方が大きくなっています。またシロアリは胴体にくびれがなく、クロアリはくびれているのでも区別することができます。その他にも触覚の形が違ったり、足の長さが違うなどの特徴から区別が可能です。羽アリを見る時期でもおおよそシロアリかどうかを判断することができます。ヤマトシロアリは5月から6月に、イエシロアリは6月から7月に多く発生します。春先に見たのであればシロアリの可能性は低いので安心することができます。ただ地域によって発生時期が異なり、温暖なところは早めに涼しいところは遅めに発生します。見た目もシロアリっぽいし、発生時期もあっているけれどもシロアリであると自信を持てない場合は、調査だけなら無料で行ってくれる業者もあるので問い合わせてみることをおすすめします。