ゴキブリ発生を未然に防ぐ

殺虫剤

季節ごとの対策

ゴキブリを目にするのは主に夏場暖かい季節が主だと思います。ゴキブリ駆除のことを思いつつも夏も終わり肌寒く感じるようになってきた秋、ゴキブリを見る機会もほとんど無くなり安心してる方もいるかもしれませんが、ゴキブリは既に来年に向けて着々と準備を進めています。ゴキブリは主に秋に産卵し、卵または幼虫の状態で越冬します。ここでゴキブリが家の中で越冬しやすい環境をいかに作らないかがゴキブリ駆除において非常に重要です。ゴキブリは狭く温度が一定ななるべく暖かい場所を好みます。冷蔵庫やシンクの下、ゴミの紙や段ボールの隙間などを好みますので、ここで夏の生き残りや新たな幼虫を駆除するために効率的なのが狭い隙間にも効く煙タイプの殺虫剤です。卵の状態のゴキブリには効き目がありませんので、1ヶ月ほど間を開けて2回使用するととても効率の良いゴキブリ駆除ができます。春になり暖かくなってくると外で越冬していたゴキブリの幼虫が家の中にも入ってこようとします。ここで大切なのはいかに家の中に侵入させないかなので効き目が持続する殺虫スプレーを玄関サッシの隙間など、ゴキブリが入ってこようとしそうな場所にスプレーしておくと効果的です。こうして1年中ゴキブリをなるべく寄せ付けない、狭い場所湿気の多い場所をこまめに掃除する等の努力が必要です。ゴキブリが現れてからゴキブリ駆除するのはもちろんのこと、ゴキブリの特徴を少しでも知れば少なからずゴキブリの数は未然に減らすことができます。